SSブログ

『ブルドクター』 [ドラマ・映画]

第7話、観ました。


大達珠美(江角マキコ)の夫・高広が勤務する病院に
脳梗塞で意識不明の患者が搬送され、高広がオペを担当。

手術は無事成功したかと思われたが、一週間後、突然
倒れて亡くなってしまう。
納得できない家族は、医療ミスを疑う。

高広にも原因が分からず、遺族に病理解剖を進めるが、
不信感を抱く遺族は、同じ病院で行われる病理解剖では
証拠隠滅の恐れがあるとして拒否。

高広から話を聞いた珠美は、遺族に司法解剖を提案する。

司法解剖を行うためには、警察に届け出る必要があるが、
それは、高広が被疑者となってしまうことでもあった…。



「遺族のためにも、真実を突き止めたい」という珠美の
思いと、そのために夫を警察に突き出すことになる現実
との間で苦しむ大達家の苦悩を描いた今回、なかなか
面白かったです。

江角さんの、タメすぎの目の演技にはちと笑ってしまい
ましたが。(^^;

それと、いよいよ名倉(稲垣吾郎)が武田(小日向文世)
のアル中をネタに強請(ゆすり)を始めましたね。
近年のドラマで発揮していた稲垣”ダーティー”吾郎が
このドラマでも見られると思うと、ちと楽しみです。

次回の放送も楽しみにしています。(^^)

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

Tacky

ふじむさん

こんにちわ
そうですね、タメすぎでしたね^^

本当にゆすりも始まったし
今後の動向に目が離せませんね。
by Tacky (2011-08-21 14:53) 

ふじむ

Tackyさん、コメントありがとうございます。(^^)

武田教授は、このまま名倉の言いなりになってしまうん
でしょうかねぇ?

ベタな予想としては、
名倉のゆすりを聞きつけた窯津田が、名倉と”涙の対決”
を繰り広げるのではないかと思っているのですが…(笑)。
by ふじむ (2011-08-21 19:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

『胡桃の部屋』『陽はまた昇る』 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます