SSブログ
プロレス ブログトップ

バイソン・スミス急死… [プロレス]

----------
バイソン・スミスさん急死 急性心不全 早すぎる38歳

※「スポニチ」より
http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2011/11/24/kiji/K20111124002097900.html
----------

プロレスリング・ノアの人気外国人選手、
バイソン・スミス選手の訃報には驚きましたねえ…。

やはり、会場で生で観戦した選手の訃報はショックですよね。

38歳とは若すぎる死ですが、
あの体つき、異様な筋肉の付き方を見る度に、
「あれはやってるだろうな」と想像していました。

なので、訃報を聞いた時は、ショックであると同時に、
気持ちの片隅では「短命なのは仕方ないのかも」と納得して
いる自分がいました。

ま、それはともかく。

バイソン・スミス選手のご冥福をお祈りします。

TARUとMAZADAが逮捕… [プロレス]

----------
元プロレスラー2人逮捕…5月に平井さんを暴行

※「スポニチ」より
http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2011/11/23/kiji/K20111123002090960.html
----------

5月のヘイトさん暴行事件は、
プロレスファンとして衝撃的な事件でしたが、
TARUとMAZADAが逮捕ですか…。

事件の真相については諸説あるようですが…。

ところで、稔とKONOもその場に居合わせたと
いう説もありましたが、
この二人は罪に問われないようですね。

一体、何があったんだか………。

武藤、全日本社長辞任…暴行問題で「けじめ」 [プロレス]

あらら、武藤が全日プロ社長を辞任とは。

http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2011/06/08/kiji/K20110608000979390.html


スーパーヘイト選手の件、
てっきりアングルでやりすぎてしまったものとばかり
思ってましたが、実はガチだったんですかねえ…。

稔、KONO、MAZADAがやったという説もあれば、
VMのリーダー・TARUがやったという説もあり、
何が真相なんだか、よく分からないですねえ…。

ともかく、全日本に「非常ベルが鳴っている」(by 長州力)
ことだけは確かなようです…。

ブードゥー・マーダーズ解散… [プロレス]

スーパーヘイト選手が5月29日の神戸大会後に倒れ急性硬膜下血腫と
診断された件で、
全日本プロレスは、
試合前にスーパーヘイト選手に暴行を加えたブードゥー・マーダーズ
(VM)の解散と、
同メンバーで現場にいた稔、KONO、MAZADA
3選手の無期限出場停止を決定したとのこと。

直接手を出した3選手の処分はともかく、
日本では唯一といっていい本格的ヒール軍団の解散は残念ですねえ…。
総帥のTARU選手も無念でしょうなあ。


後楽園ホールで観戦した時、TARU選手に水をぶっかけられたことが
ありましたが、今となってはそれも楽しい思い出です。

まあ、アイデア豊富なTARU選手のことですから、必ずやまた
別の形で復活してくれると思います。


とりあえず、スーパーヘイト選手には早く回復してほしいですね。

スーパーヘイト選手が脳卒中で緊急手術… [プロレス]

----------
昨日(29日)神戸サンボーホール大会第3試合に出場をした
スーパー・ヘイト選手(平井伸和選手)が試合後に体調不良を訴え、
直後に嘔吐、意識を失ったため救急車で病院に搬送されました。
検査の結果、脳卒中と判断され緊急手術を行い手術は成功。
現在は意識の回復を待っている状態です。

※「全日本プロレス」公式サイトより
http://www.all-japan.co.jp/news/detail.php?id=610
----------


脳卒中とは、心配ですね…。

幸い、手術は成功したとのこと。
良かったです。

一日も早い回復をお祈りしています。

石井慧氏へ、プロレス転向のススメ [プロレス]

”プロ格闘家”石井慧氏が柔道の全米体重別選手権無差別級に
出場し、優勝したという。

これ自体はおめでたい話ですが、
優勝後のコメントがイケマセンねえ。

「米国王者のメダルをかけて全日本で優勝した鈴木桂治選手と
戦いたい。彼に度胸があるなら」


「彼に度胸があるなら」は余計だったのでは?


鈴木桂治選手に対し、
北京五輪後に批判されたことを未だに根に持っているのか、
特に深く考えず、メディアへのリップサービスで口が滑って
しまったのか、事情は存じませぬが。


礼節を重んじる柔道という競技において、表立って先輩を愚弄
するような態度は馴染まないと思うんですが。


大相撲で、朝青龍の勝った後のガッツポーズがずいぶん叩かれ
ましたが、
個人的には「外国人なんだから、しょうがねえよなあ」と思う
部分がありました。


しかし今回の、石井氏による
「日本人が日本の競技の精神を蔑ろにするような言動」には、
非常に残念な感じがしました。


石井氏には、
礼節を重んじる競技や総合格闘技系は向いていないようなので、
プロレスへの転向をオススメします。


※僕はプロレスファンです。
 プロレス界を馬鹿にしている訳ではありません。
 懐の深いプロレス界なら石井氏でもやっていけるのでは?
 と思っただけで、他意はありませんので。

えっ、『週刊ファイト』復活!? [プロレス]

----------
宮城県気仙沼市の避難所の気仙沼小学校で壁新聞「ファイト新聞」を
編集する小中学生を1日、演歌歌手さくらまや(12)が訪れ激励した。

※「スポニチ」より
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/05/01/kiji/K20110501000738320.html
----------


えっ、あのプロレス専門誌『週刊ファイト』が復活!?

…と思ったら、早とちりだったようで。(^^;


でも、さくらまやちゃんが
I編集長の志を継いで『週刊ファイト』を復活させて
くれたら、ネタとしては最高ですな(笑)。

スーパーヘイト選手、デビュー20周年! [プロレス]

ヘイトさん、いつの間に「スーパーヘイト」に改名したんですか!

…ってのはさておき。


http://ameblo.jp/vm1964/day-20110425.html


ヘイトさん、この写真は何なんですか!
極悪軍団なのに、素の表情でケーキなんか持ってちゃダメでしょう!(笑)

これからも頑張ってください。



それにしても、このブログのタイトル
「殺戮用心棒 TARU DEATH LOG」ってのもスゲエっすね(笑)。

やらぬ善より、やる偽善 [プロレス]

VOODOO MURDERS(ブードゥー・マーダーズ)といえば、
今のプロレス界においてNo.1のヒール軍団。

ただし、プロレスファン以外の人にはあまり知られていないかも
しれません。

ヒール軍団なので、基本的に、良いことはしない人たちです(笑)。

かくいう僕も、後楽園ホールに観戦しに行った時、
ボスであるTARU選手に水をぶっかけられてブーイングを浴びせた
ことがあります。(^^;


しかし、そんな極悪軍団の彼らも、震災からの復興のために、
ポリシーを曲げて(?)尽力してくれています。

「やらぬ善より、やる偽善」

これが彼らのスローガン。
名言ですね。

これからも頑張ってください!
僕も昔からのプロレスファンの一人として、応援しています。

やはり猪木はこうでなくっちゃ! [プロレス]

猪木 被災地に「ダーッ!」闘魂ビンタも
※「スポニチ」より
http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2011/04/06/kiji/K20110406000571290.html


やはりアントニオ猪木はこうでなくっちゃ!


最近はACジャパンのCMで
「間違った情報に惑わされないようにしよう」
なんて言ってますが、
若かりし頃の爽やかでカッコよかった猪木ならともかく、
すっかり人相が悪くなった今の猪木が真面目なセリフを
棒読みしたって辛気くさいだけですからね。


それにしても。

希代のカリスマとして新日本プロレス黄金期を築き、
日本全国の多くの視聴者を、虚実入り混じった
闘いのワンダーランド(by古舘伊知郎)の熱狂に巻き込み、
その一方で、
アントンハイセルや永久電池等々、数々の怪しげな情報に
惑わされてきた猪木にこのセリフを言わせるとは。

このキャスティングが意図的なのか偶々なのかは知らないが、
実に味わい深い(笑)。

nice!(0)  コメント(0) 
プロレス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます