SSブログ

WBA世界バンタム級タイトルマッチ [格闘技系]

WBA世界バンタム級タイトルマッチ、
亀田興毅 vs パノムルンレック・カイヤンハーダオジム。


「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」
とは野村克也氏が好んで使うフレーズだが、この言い回しを借りれば、
「亀に不思議の勝ちあり、亀に面白い試合なし」って感じですかね。

ちと字余りですが。(^^;

今回も「どーせつまんねえ試合なんだろうなあ」と思いつつ、
ボクシング好きの悲しい性ゆえ、やはり見てしまったのでした。(-_-;


先ずは前座の亀田大毅戦。
大毅の軽そうなコンビネーションパンチにボテッと尻モチついた挑戦者。
ダウンを取られるのは仕方ないとしても、なぜかそのまま10カウント
立ち上がらず、大毅のKO勝ち。

ふはははははは。
なんじゃこりゃ(失笑)。

…まぁ、ノンタイトル戦なので、百歩譲って大目に見てやってもいい。


問題は、その次の世界タイトルマッチで興毅が説得力のある勝ち方を
してくれるかどうかだ。

いよいよゴングが鳴り、試合開始!

序盤は互角に見えたが、次第に挑戦者の圧力に押され始める興毅。

中盤以降は終始挑戦者ペースで進んでいるように見えました。
っていうか、ずっと押されっぱなし。
鼻血は出すわ、いかにも印象が悪い。

12ラウンド終わった時点では、完全な判定負けに見えました。
如何に”亀田パワー(亀田マネー)”を行使しようが、
良くて「ドロー&タイトル移動なし」ってオチだと思ってました。

ところがどっこい、なんと2−1で判定勝ちとは!

これにはもはや笑うしかなかったです(苦笑×失笑∞)。


試合前のビッグマウスはどこへやら、試合後にシケた顔して頭を下げて
詫びていた興毅本人が一番分かっていたでしょうな。
「こりゃアカン!」ということを。

もはや選手としての限界感すら漂う興毅ですが、とにかく一度でいい、
負けてもいいから、強い挑戦者を相手に勇猛果敢な試合をして欲しい。

望むのはそれだけです。


あと、TBSにもの申す!

試合前から延々と続く煽りVや派手な入場などの演出を控えめにして、
「おお、よ〜〜〜やくTBSも反省したか」と思って喜んだのも束の間、
なんだあれは!(怒)

興毅のしょっぱい試合以上に、IMARUのド下手クソな「君が代」が
一番ムカついたわ!!!(怒)(怒)(怒)


やはり、TBSはまだ分かっていなかったようです………(呆)。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます