SSブログ

祝!日本代表WBC決勝ラウンド進出 …は良いとして(-_-) [野球]

WBC、日本代表にはもちろん優勝してほしいと思っている。


…でも。

ファイターズファンの僕としては、それ以上に気になることがある。
いや、気になるというよりも、心配していることがある。


中田翔選手は今まで、打撃フォーム固めに苦心し、
「ガニ股打法 → すり足 → 軽く左足を上げる」と変遷してきた。

昨シーズンからは左足を上げるフォームに変え、現在もそれを自分のものに
しようと努力している最中だが、それは、本人が納得し、”ファイターズの”
コーチとの二人三脚で取り組んでいるものだ。


それを、WBC日本代表チームに選抜されてから、
”WBCの”打撃コーチである立浪和義氏に、すり足に変えられてしまった。

もちろん、それにはそれなりの理由があってのことだろうが、
それならば何故、技術的に改造しなければ打てない(とコーチが考えている)
ような選手を、選抜したのだろうか。

これは明らかに、選ばれた選手側の問題ではなく、選んだチーム首脳陣の
問題だろう。

ま、それはひとまず置いとくとして。


WBCでの中田はどうなったかというと、
そこそこ安打は出るものの全て単打で、
持ち味である長打力はすっかり影を潜めてしまった。

そして何より、中田本人が打撃フォーム改造にイマイチ納得して
いないように感じられる(報じられている)ことが、最も気になっていた。

立浪氏の打撃理論が如何に素晴らしいものであっても、やる本人が納得して
いなければ、完全にモノにすることはできない。


僕が心配していることとは、
中田が立浪氏に打撃フォームをいじり壊されて、
WBCでのそこそこの活躍(単打)と引き換えに、
シーズンで活躍できなかったり、今後も持ち味の長打力が影を潜めたまま
つまらない選手になってしまうのではないかということだ。


しかし、2次ラウンドの1位決定戦(オランダ戦)の前に、
中田が立浪氏に直訴して、左足を上げるフォームに戻したという。

そしてついに、中田に長打が戻ってきた!

いやー、何と嬉しいことか!(^^)


残る心配は、「コーチの言うことを聞かないヤツ」ということで、
中田が出場機会を与えられないことであるが、今日のこの記事を読む限り、
そんな心配はなさそうだ。
(立浪氏もそれほどちっちゃい男ではないということか)

◆中田“1本足パワー”三塁打 131メートル超中堅最深部へ
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/03/16/kiji/K20130316005401320.html
(スポニチ)


中田には是非、決勝ラウンドで大暴れしてほしい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます