SSブログ

『下流の宴』 [ドラマ・映画]

第8話(最終話)、観ました。


宮城珠緒(美波)が見事、医大に合格!

必死に頑張った努力が実り、晴れて福原家の長男・翔と
結婚できると喜ぶ珠緒だったが…。

珠緒の合格祝いの日。

珠緒の母と弟、福原家、珠緒を合格へと導いた受験の
カリスマ・島田(遠藤憲一)が一堂に会する中、
珠緒と翔は近所の教会へ、結婚式の下見に行っていた。

しかし、その時!
なんと、翔から珠緒へ、別れ話を切り出したのだった…。



珠緒が合格して、翔から別れを切り出すという展開、
なんとなく想像はしてたんですよね。

ただし、僕は翔が、
「僕も頑張って大学へ行く。だから、それまで結婚は待って
いてほしい」みたいな展開を想像していました。

でも、翔は最後までダメ人間のままでしたなぁ…(溜息)。

「珠緒は自分のために頑張って医大へ合格した。
珠緒はあっち側へ行ってしまった。
でも僕はこっち側のままだ。
珠緒はいつか、僕を軽蔑する日がくる。
だから別れよう。」

「自分が足を引っ張りたくない」という、珠緒への愛情から
出た言葉かもしれませんが…。

それでも、愛する女が努力する姿を見せつけられ、
何も変わろうとしない男はダメでしょう。
別れるしかないでしょうな。(-_-)

一方、愛する息子がどーしようもないダメ息子であることを
思い知らされた母・由美子(黒木瞳)のショックは如何ほどか、
観ているこちらまで胸がチクチク痛みました。

それと同時に、たとえどんなダメ息子でも、母としての愛情は
揺るがない、そんな由美子の強い意志表示に、ちと感動。


長女・可奈(加藤夏希)は子供を連れて実家に出戻り、ついに
「福原家全滅」。(^^;

一家全員「下流」に落ち込んだ現実を突きつけられた由美子
だったが、かえって吹っ切れた様子。

「人生、何度でもやり直せる!」

今の福原家ではまだやせ我慢にしか聞こえませんが、どよーん
と落ち込んで暗いままエンディングを迎えるよりは、観ている
側も救われた感じです。


…とまぁ、感想としてはこんなところですかね。

このドラマ、面白かったです。

最近のNHKのドラマは、ヘタな民放のドラマよりもよっぽど
面白いですね。

来週からはまた別のドラマが始まりますが、こちらにも期待
しています!(^^)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます